ホワイトチョコレートが白いのはなぜ? ホワイトチョコレートの正体を解説

食品

そういえばホワイトチョコってなんだろう?
何でできてるの?

ホワイトチョコレートとは何なのか?

気になったので調べてみました。

ホワイトチョコが白い理由 → カカオ由来の原料がココアバターだけだから

ホワイトチョコレートが白い理由。

見つけた答えは「含まれているカカオ由来の原料がココアバターだけだから」です。

ココアバターの見た目はこんな感じです。

ココアバター初めて見ましたが、乳製品のバターと見た目は変わらないですね。

ここまでココアバターという言葉を使ってきましたが、そもそもココアバターって何?という方がほとんどのかと思います。

次の項でココアバターとは何かとその他のカカオ由来の原料についてまとめていきます。

ココアバターとは? カカオ由来の原料について

ココアバターとは何なのか。

短い言葉で言うと「カカオ豆からとれた油脂」です。

カカオ豆やカカオ豆をすりつぶして得られるカカオマスを原料とします。

カカオマスはまさにチョコレートといった見た目ですね。

カカオマスから油脂(ココアバター)の一部除いたものをココアケーキといいます。

さらにココアケーキを粉砕したものがココアパウダーです。

チョコレートの色や苦みの成分は油脂(ココアバター)に移らず、ココアケーキやココアパウダーに残ります。

このためココアバターは普通のチョコレート色をしておらず、苦みもないようです。


ちなみに私は最近カカオマスをおやつとして食べています

高カカオチョコレートよりも強い苦みがあり、砂糖が含まれていないため甘味もありません。

チョコレートと同じ甘いおやつ感覚では食べれないかもしれません。

不味いものではないので、普段から高カカオチョコレートをおやつにしている方であればすぐに慣れるのではないかと思います。


ここまでのカカオ由来の原料についてまとめておきます。

カカオマス=カカオ豆をすりつぶしたもの
→チョコレートの色、苦みあり

ココアバター=カカオ豆やカカオマスを絞り出した油脂
白色、苦みなし

ココアケーキ=カカオマスから油脂の一部を除いたもの
→チョコレートの色、苦みあり

ココアパウダー=ココアケーキを粉砕したもの
→チョコレートの色、苦みあり

最初の疑問であったホワイトチョコレートはなぜ白いのか?の回答は使用しているカカオ由来の原料がココアバターだけでチョコレートの色をしたほかの原料を使用していないからということになります。

ホワイトチョコレートはチョコレートなのか?

前の項でホワイトチョコレートに含まれるカカオ由来の原料はココアバターだけと紹介しました。

そこで次のような疑問を持った方もいるのではないでしょうか。

疑問に思った人
疑問に思った人

ココアバターしか入っていないものはチョコレートなのか?

疑問に思った人
疑問に思った人

そもそもどんなものをチョコレートというのかな?

まず『ホワイトチョコレートはチョコレートなのか?』という疑問についてです。

答えを言ってしまうとホワイトチョコレートはチョコレートです

このように言い切れるのはホワイトチョコレートも「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」で決められたチョコレートの定義を満たしているからです。

この規約ではこれまで紹介したカカオ由来の原料の定義やどのようなものをチョコレートと呼んでいいのかなどを定めています。

チョコレート類の表示に関する公正競争規約においてチョコレート(正確にはチョコレート生地)は次のように定められています。

※文章は規約のままではありません。一部書き直しています。

カカオ分が全重量の35%以上、かつ、ココアバターが全重量の18%以上であって水分が全重量の3%以下のもの。

主要な条件はカカオ分が全重量の35%以上であることココアバターが全重量の18%以上であることの2つです。

カカオ分とは先の項で紹介したカカオ由来の原料の水分を除いた合計量のことです。

前項の通り、ココアバターもカカオ由来の原料ですので、カカオ分にカウントされます

読んでいただくと分かるようにココアバター以外のカカオ分はチョコレートに必要なものとされていません

つまりココアバターしかカカオ由来の原料を使用していないホワイトチョコレートもチョコレートであると言って問題ないということです。

このカカオ分がココアバターのみであるという特徴がホワイトチョコレート独特の特徴を生み出しているようですね。

最後にホワイトチョコレートの考察

ここからあるホワイトチョコレートの原材料表示を見ながらホワイトチョコレートについて考察していきます。

少し余計な内容かもしれませんが、よりチョコレートについて知ることができる内容です。

興味があればご一緒ください。


今回見ていく原材料表示がこちらです。

種類別名称はチョコレートとなっています。

砂糖、全粉乳ココアバター、植物油脂、脱脂粉乳/ 乳化剤、香料

まずカカオ分を見ていきます。

ココアバターだけがカカオ分に該当します。

原材料表示は製品に含まれる重量の割合の高い順に書かれています。

この製品の場合、唯一のカカオ分であるココアバターが砂糖、全粉乳についで3番目に書かれています。

つまり砂糖と全粉乳はココアバターよりも多く含まれているということです。

先に説明したチョコレート類の表示に関する公正競争規約ではカカオ分が全重量の35%以上であることがチョコレートの規約です。

ココアバターが全重量の35%以上含まれていれば、砂糖と全粉乳も35%以上含まれているはずですが、その場合100%を超えてしまいます

新たな謎が生まれてしまいました。


この謎を解決してくれるのもチョコレート類の表示に関する公正競争規約です。

チョコレート(正確にはチョコレート生地)についての規約は先に紹介したものの後に次の文章があります。

ただし以下の場合、カカオ分の代わりに乳固形分を使用することができる

カカオ分が全重量の21%以上、かつ、ココアバターが全重量の18%以上、かつ、カカオ分と乳固形分の合計が全重量の35%以上、かつ、乳脂肪が全重量の3%以上の場合。

乳固形分とは、乳製品中の固形分のことです。

牛乳やヨーグルトにも乳脂肪分と無脂乳固形分という表示がされています。

乳固形分は乳脂肪分と無脂乳固形分を合わせた値です。


原材料表示を確認してみると全粉乳と脱脂粉乳が含まれています。

全粉乳脱脂粉乳は乳由来の原料ですので、乳固形分を含んでいます

つまりチョコレート類の表示に関する公正競争規約に定められたチョコレートの規約のうちこのカカオ分の代わりに乳固形分を使用したパターンを使用することが可能です。


先程の製品をこの規約に当てはめていきます。

まずカカオ分はココアバターだけですので、ココアバターが最低21%含まれている必要があります。

この時点でココアバターが全重量の18%以上の決まりはクリアしていますね。


続いて乳固形分について考えていきます。

乳固形分を含んでいる全粉乳はココアバターよりも先に原材料表示に書かれているので、少なくとも21パーセント以上含まれているはずです。

チョコレート類の表示に関する公正競争規約で全粉乳中の乳固形分は95%で計算することとなっています。

計算すると以下の通りになります。

全粉乳中の乳固形分
→21%×0.95=19.95%

全重量のうち少なくとも19.95%は乳固形分が含まれいるということになります。

この値とココアバターの含有量を合計すると、19.95%+21%=40.95%となります。

これがカカオ分と乳固形分の合計ですので必要な35%を上回っています

ちなみに今回計算に使っていませんが、脱脂粉乳中の乳固形分も脱脂粉乳中の95%として計算することになっています。


乳脂肪分についても計算してみます。

乳固形分と同様にチョコレート類の表示に関する公正競争規約で全粉乳中の乳脂肪分は25%で計算することが決まっています。

全粉乳中の乳脂肪分
→21%×0.25=5.25%

となるため、必要な3%を上回っています。


この時点でチョコレートと呼ぶための規約をすべて満たしていることになります。

ココアバターと全粉乳が最低21%ずつですので、最大58%余裕がありカカオ分35%で考えたときのような矛盾は生じません。


ホワイトチョコレートを食べるとミルクチョコレートとはまた違ったミルク感を感じます。

製品によってはココアバターが表示順が3番目ではないホワイトチョコレートもあるので必ずとは言えませんが、乳固形分を多く含んでいるのもホワイトチョコレートの特徴のひとつではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読んでくださった方の疑問が解消できていれば幸いです。


ちなみに私が1番好きなホワイトチョコレートは森永製菓の白いダースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました