【ポケモンSV】学校最強大会 自動周回【実践方法】

スカーレット・バイオレット

ポケモン対戦をこれから始める人にとって大きな障害となるのがポケモンの育成です

・レベル上げ
・努力値振り
・対戦用アイテム集め

などポケモンの育成には多くの時間が必要です

この育成にかかる時間を短縮するために学校最強大会 自動周回の活用が有効です


この記事では、学校最強大会 自動周回の具体的な方法を紹介していきます


自動周回させるポケモンについては別ページにまとめます

最初に

この記事で紹介する学校最強大会 自動周回は、ストーリーをエンディングまでクリアし学校最強大会に参加できるようになっている必要がありますのでご注意ください


学校最強大会 自動周回では主にお金集めと優勝賞品であるアイテムの獲得が目的となります

特にお金はポケモンの努力値振りに使用する栄養ドリンクや性格補正を変更できるミント対戦によく使われるアイテムなどの購入に使用することができます

お金がたくさんあればポケモン育成にかかる時間を短縮できるため、自分で操作することなくお金を集めることができる学校最強大会 自動周回は時間がない方にとって非常に有効な方法です

学校最強大会 自動周回の手順

学校最強大会 自動周回の具体的な方法を紹介していきます

・学校最強大会の対戦形式

・自動周回の準備

・自動周回の具体的方法

の順に進めます

学校最強大会の対戦形式

学校最強大会では、ストーリーや授業に登場した学校関係者と1対1のシングルバトル形式で対戦します

対戦相手はランダムに決まり、4連勝すると大会の優勝となります

賞金は各対戦後に、優勝賞品は4連勝後に受付でもらえます

自動周回の前準備

ここから学校最強大会 自動周回の方法を説明していきます

まずは必要なものを紹介します

マクロコントローラー

こちらは現実世界で必要なアイテムです

マクロコントローラーと書いていますが、学校最強大会の自動周回では「Aボタンの連打」ができれば可能ですので、連打可能なコンロがあれば問題ありません

私はこちらのサイバーガジェット社製のマクロコントローラーを使用しています

私はポケモンの自動周回でしか使う予定がなかったので、安い有線タイプにしました

ただし有線タイプにはテレビやモニターに接続しなければ使えないデメリットがあります

持っていない場合には、コントローラーのほかに下のようなモニターとHDMIケーブルが必要となります

接続が安定しているため、長時間放置することが多い自動周回では有線タイプがオススメです


モニターなどを使用できない方やマクロコントローラーを他のゲームでも使う予定がある方は無線タイプを検討するのもいいかもしれません

ただし、無線タイプの場合これらのデメリットもあります

・有線タイプよりも高価
・充電が必要
・接続が不安定な場合がある

特別な理由がなければ有線タイプでいいかと思います


マクロコントローラーには、輪ゴム等で固定可能なボタンに「Aボタン連打」を登録しておいてください

大会を周回させるポケモン

ここからはゲーム内で必要な準備です

大会で戦わせるポケモンを1体育てます

オススメのポケモンについては別ページにまとめます

自動周回の手順

準備が整ったら学校最強大会 自動周回をスタートさせます

ここからすることは、

1.手持ちを1匹だけにする

2.アカデミー エントランスの学校最強大会 受付の前に行く

3.「Aボタン連打」を登録したボタンを固定

 

の4つだけです

まずは手持ちを用意したポケモン1匹だけにします
前作までは対戦時にポケモンを交代させない勝ち抜き方式が選択可能でしたが、今作ではできないようです

次にアカデミーに向かいます

エントランスの左側に立つ、学校最強大会 受付の人の前に進んでおきます

ここで「Aボタン連打」を登録しておいたマクロボタンを固定します

固定の方法が輪ゴムでの固定がオススメです

テープでも固定できますが、途中で外れることが多かったです

Aボタンの連打が始まれば受付の人に話しかけて、大会に参加できます

自動周回を止めたいときはコントローラーの固定を外せば、自動での集会は終了します

自動周回の終了後にはレポートを書くことを忘れないでください

バトルムービーのスキップができないなど、周回スピードを早めるためにできることが少ないです
唯一できることは話のはやさを「はやい」に設定するくらいです

自動周回時の注意点

学校最強大会では対戦に負けると最後に使用したポケモンセンターに移動してしまいます

ポケモンセンターからアカデミーまでの自動で移動はできないので、対戦で負けると自動周回が止まってしまいます

ポケモンをできる限り学校最強大会の対戦相手に合わせて育て、負けないようにすることが非常に重要です

最後に

ここまで学校最強大会の自動周回のメリットと方法を紹介しました

学校最強大会の自動周回をすることでポケモンの育成に必要なものの大半を持っている状態で育成を始めることができます

「ポケモン対戦は準備に時間がかかるからできない」と考えている方は是非検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました