【簿記2級】独学合格者が簿記2級の独学を勧めない3つの理由

簿記

簿記2級独学で合格できるか知りたい

独学でもちゃんと理解できるの?

こんな疑問に答えていきます。


筆者は独学で勉強して、第153回の日商簿記2級に合格しています。

先の質問の答えとしては、

・簿記2級には独学でも合格できる

・合格できる程度には理解できる


となります。


独学でも合格することは可能ですが、筆者の意見としては金銭的に余裕があるのであれば、スクール等の利用を検討すべきです。

特に勉強時間の確保が難しい効率的に勉強したい簿記2級の知識をしっかり身に着けたいという方は独学とスクール利用のどちらがいいかよく検討してください。

ここからは筆者が独学をおすすめしない3つの理由を紹介していきます。

内容が難しい

独学をおすすめしない理由の 1つ目は内容が難しいためです。

簿記2級は3級と比べ、試験範囲が増え、内容がかなり難しくなります

試験範囲は3級範囲に加え、商業簿記と工業簿記が増えます。


商業簿記は3級の内容をさらに詳しくしたイメージです。

いくつか複雑な処理が範囲についかされますが、子会社を持つ場合の処理である連結会計が特に理解しにくい分野だと思います。


商品を売買する取引を対象とする商業簿記に対して、工業簿記は材料から製品を作り販売する製造業を対象とした簿記です。

また、製品を作るのにどのくらいコストがかかったかを計算する原価計算も試験範囲となります。

原価計算の中でも異常なコストがどこで生じたかを計算する原価差異は特に理解しにくい分野だと思います。

工業簿記自体がものづくりの現場をイメージしにくい方には理解しにくいかもしれません。

勉強効率が悪い

独学をおすすめしない理由の 2つ目は勉強効率が悪いことです。

1つ目の理由で紹介した通り、簿記2級は1人で理解するには難しい内容が試験範囲になっています

理解が難しい内容を勉強するとき、独学では自分でどうにかするしかないので、理解しきるのに時間がかかります。

一方でスクール等を利用しており、質問できる環境があればすぐに解決できます。

また、スクール等ではつまずきやすいポイントを教えてくれるので、引っかかる部分も少ないかもしれません。


独学とスクール等の利用では50時間程度も勉強時間に差があるという記事もあります。
簿記の合格率と難易度・勉強時間 資格の学校 TAC

独学の方が必要な時間が多くなりやすいということは意識しておくべきです。

知識の定着度が低い

独学をおすすめしない理由の3つ目は知識の定着度が低いです。

最後の紹介ですが独学をおすすめしない1番の理由です。

先に紹介した内容が難しい、勉強の効率が悪いは受験勉強中に感じたデメリットですが、この理由は受験後に感じたデメリットです。


受験勉強中はどうしても試験に出題される問題を解くことができるようになることを優先して勉強を進めてしまいます。

この勉強方法では、勉強している内容の全体像が見えないまま、勉強を進めることになります

全体像が見えない状態では、「この問題形式はこう解く」のような受験のための覚え方をすることになってしまいます。

結果として、受験が終わった後に試験範囲であった内容を見ても、計算はできるけど本質的な部分は理解できていないといった状態になってしまいます


筆者の例ですが、簿記2級の受験が終わってから会計学の本を読んだときに初めて、簿記2級で勉強したことの使い方を理解しました。

それまでは単に問題として出されたときに計算できるだけで、本質は理解していなかったのです。


簿記の知識をきちんと身に着けるために簿記2級を受験したにもかかわらず、本質を理解できていないのであれば受験した意味が薄くなってしまいます。

スクール等を利用することで深い理解が得られるのであれば、かけた時間も無駄にならず、結果として効率がよい勉強になります。

まとめ

ここまで簿記2級の独学を勧めない下記3つの理由を紹介してきました。

・内容が難しい
・勉強効率が悪い
・知識の定着度が低い


これらの理由から内容の理解に時間がかかり、合格しても本質的な理解が得られないといった状態になる可能性があるため、独学をおすすめしません。

以下に当てはまっていなければ、スクール等の利用を検討してみてください。

・簿記2級を取得が急ぎではない

・分からない箇所を誰かに相談できる環境がある

・どうしてもお金をかけずに簿記2級を取りたい

筆者がこれから簿記2級を受験するのであれば、クレアールの簿記講座を利用します。

クレアールはWeb講義で自宅で勉強を進めることができることに加え、疑問点を質問できるシステムが整っています。

質問できるシステムは勉強の助けになるはずです。

また、費用もほかのスクールと比べると抑えることができます

資料請求すれば、実際の授業のDVDがもらえます。興味がある方は確認してください。

資格★合格 クレアール 簿記検定 講座案内

最後までお読みいただきありがとうございました。

これから簿記2級を受験する方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました